エネうる通信【コラム】

2022年8月29日

太陽光発電所は売却できる?高く売るコツや売却時の注意点もチェック

太陽光発電は、環境に優しい再生可能エネルギーの代表であり、投資または自家消費用設備として需要が高まっています。

また、電気料金の高騰や売電価格の低下も相まって、太陽光発電のセカンダリー市場も拡大中です。数年間太陽光発電を所有し、いずれは売却をお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、太陽光発電を売却する方法やメリット・デメリット、高く売るコツや取引の注意点などを解説します。

太陽光発電設備を所有していて今後どうするか迷っている方、太陽光発電の売却に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電は投資や事業に使った後でも売却可能

投資や事業に使った太陽光発電所でも、不動産のように売却できます。

投資目的の太陽光発電は、FIT制度(固定価格買取制度)によって成り立っています。
FIT制度とは、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーによって発電した電気を、一定期間・一定価格で買い取ることを電力会社に義務付ける制度です。

出力容量10kW以上の高圧太陽光発電は、固定買取期間が20年間であり、期間中は売電による収入を得られるほか、売却すれば売却収入も得られます。自家消費用または発電事業として太陽光発電所を持つ法人の場合、売却によって資産を整理するケースもあるでしょう。

また、出力抑制ルールの変更や2023年から始まるインボイス制度により、売電収入の減少が想定されるため、太陽光発電の売却を視野に入れる個人投資家も増えると考えられます。
他にも、自然災害保険料の増額や太陽光パネル廃棄等費用の積立義務化など、太陽光発電の早期売却を後押しする要因が増えています。

太陽光発電を売却する流れが加速する中、セカンダリー市場の需要は高まっています。
新設の太陽光発電所に比べ、中古で稼働済みの太陽光発電所は発電実績があり、FIT制度の売電価格も高いです。

また、導入コストは年々低下しているものの、半導体不足による設備材料費の高騰や燃料費の上昇により、新設の太陽光発電所の価格が高くなる可能性があります。

セカンダリー市場においては、新設よりも中古の太陽光発電所が人気を集めています。

買い手が中古の太陽光発電所を選ぶメリット

売却の流れが加速する中でも、中古の太陽光発電所が選ばれるのは、中古物件ならではの独特のメリットがあるからです。

まず、中古の太陽光発電所は、既にある程度の発電実績を持ちます。
新しく太陽光発電所を建設する際は、発電量をシミュレーションして収益を予測します。

しかし、稼働し始めると、実際の発電量と予測した発電量にバラつきが出るケースも少なくありません。一方で中古の太陽光発電所は、既に発電量のデータがあるため、数値を元に正確に利回りを計算できます。
稼働実績があることで、初期不良の心配もありません

また、FIT制度の買取価格は毎年値下がりを続けています。
固定買取期間内の中古物件であれば、新設に比べて高い買取価格で売電でき、利回りが高くなるため、投資費用の回収期間も短いです。初期費用も抑えやすく、高収益が想定されれば融資も受けやすくなります。

さらに、太陽光発電所を新設する際は、設置工事や申請手続きに時間と手間がかかります。
しかし、中古の太陽光発電所であれば、購入後にすぐ発電・売電が可能です。

買い手が中古の太陽光発電所を選ぶデメリット

中古の太陽光発電所を選ぶ上では、留意すべき点もあります。

まず、FIT制度の認定が早いほど買取価格は高い反面、残りの固定買取期間は短いです。FIT制度の固定買取期間が満了すると、卒FIT後の買取プランに移行するのが一般的ですが、売電価格は大きく下がる傾向があります。
中古物件を購入する際は、FIT制度の残存期間と買取価格のバランスを考慮しましょう。

また、中古の太陽光発電所は数年間屋外で稼働していたため、機材の劣化や故障による買い替えリスクが高くなります。保守・管理の手間から売りに出される物件も多いため、立地や地盤に問題がある可能性もゼロではありません。

自然環境の影響を大きく受ける太陽光発電所は、周辺状況や設置方法、メンテナンス状態に注意して選ぶ必要があります。

太陽光発電所を高く売るには、買い手の心理を握ること

太陽光発電所を高く売るためには、買い手の立場で考えて取引することが重要です。
当然ながら中古物件を購入する際は、新設物件に比べて故障しないか、長く使えるかなど、不安な要素が多いです。

それでもなお、少しでも高く買ってもらうためには、中古の太陽光発電所であってもメンテナンスが行き届いていること・状態が良いこと・今後も長く投資に使えることをアピールしなくてはなりません。

太陽光発電の売却価格は、買取か仲介で変わる

太陽光発電の売却方法は主に、買取業者に設備を直接買い取ってもらう方法と、仲介業者に買い手を探してもらう方法があります。
個人同士の直接売却は、買い手を探すのに時間がかかったり、手続きが煩雑であったり、トラブル発生時の処理が困難であったりとデメリットが多いです。

ここでは、買取業者と仲介業者に売却する際の、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

買取業者

太陽光発電所を買取業者に直接売る際は、まずは査定してもらい、査定額に納得すれば契約手続きを結び、売却するという流れです。

メリット

買取までのスピードが早く、最短で1〜2週間程度で現金を受け取れます。
また、自分で業者を見つけて直接契約するため、仲介手数料がかかりません。
すぐに資金を調達したい方、手数料を抑えたい方におすすめです。

デメリット

買取業者は買い取った太陽光発電所を自社で所有するか、他の買い手に転売するのが一般的です。後者の場合、利益を確保するために、買取価格が相場より低く設定される可能性があります。
また、決済条件や入金時期などを事前に確認し、信頼できる業者を自分で見極めなくてはなりません。

仲介業者

太陽光発電所を仲介業者を通して売る際は、まずは査定してもらい、媒介契約(仲介契約)を結びます。仲介業者が買い手を探し、交渉して合意した場合に売買契約を結び、売却するという流れです。

メリット

仲介業者は仕切り値を設定し仲介手数料を上乗せして販売するか、売却金額に対するパーセンテージで仲介手数料を請求するのが一般的です。

適正価格と希望価格を擦り合わせながら、高めの価格設定で売り出すことも可能なため、利益を多く出せる可能性があります。

また、必要書類の準備や価格交渉など、面倒な手続きを一任できるため、売却時の手間や労力を省けます。

デメリット

物件の状態や価格設定によっては、買い手がなかなか見つからず、売却まで時間がかかる恐れがあります。買い手が決まり、手続きが完了した時点で売買成立となるため、現金を受け取るまでに数ヶ月程度かかるケースが多いです。

また、成功報酬として仲介業者に支払う仲介手数料がかかります。仲介手数料の相場は、売却価格の3%程度と言われています。

太陽光発電の売却で利益が出た際は注意

太陽光発電を売却して得た収入は、所得として分類されるため、個人・法人に関わらず確定申告をする必要があり、所得税を納めなくてはなりません。

売却益は、売却価格から太陽光発電を購入した時の価格を引いて算出されます。
売却価格が高いほど売却益が大きくなるため、税金も多くなります。

特に、個人で太陽光発電を売却して得た収入は、「譲渡所得」として扱われます。
所得が多ければ多いほど税率が上がる「累進課税」制度が適用されるため、注意が必要です。

また、太陽光発電を売却する際は、所有者の名義を変更しなくてはなりません。
事業計画認定や土地の登記簿の名義変更手続きは煩雑で、完了までに数ヶ月の時間がかかります。やや専門的な知識も求められるため、買取業者や仲介業者に代行してもらうのがおすすめです。

太陽光発電所の売却相場はどうやって決まる?

では、太陽光発電所の売却相場は、どのように決まるのでしょうか。
太陽光発電を評価する際に基準となる、売電実績やメンテナンス・立地などについて詳しく見ていきましょう。

太陽光発電の売電実績とFITの残年数

太陽光発電の売却価格を決める際、最も重要となる要素が売電実績です。

買い手が中古の太陽光発電所を買う理由の一つが、既に売電実績が判明しているからです。
売電実績が分かれば、より正確に利回りを計算し、投資をイメージしやすくなります。

そのため売却する際は、売却実績を示せる資料の提示が求められます。
遠隔監視機器を設置することで、日別・月別・年別の発電量の実績が正確に分かります。

また、発電実績がシミュレーションの数値を下回ったり、変動していたりする場合は、その理由や考えられる要因を説明することで、買い手に安心感を与えられるでしょう。

太陽光発電の売却価格の相場は、「(FITの残年数×年間売電収入)÷2」で求められます。

例えば、売電開始から5年が経過した、年間売電収入が200万円の太陽光発電所の場合、FITの残年数が15年です。よって、売却価格の相場は、(15年×200万円)÷2=1500万円となります。

FITの固定買取期間が終わるまでに、どれほどの利益を得られるかを計算し、売却価格を設定します。ただし、あくまで目安であるため、現地での査定により売却価格が前後するかもしれません。

太陽光発電設備のメンテナンスが行われている

メンテナンスがしっかり行われている太陽光発電設備は、売却時の評価が高いです。

太陽光発電で多くの売電収入を得るためには、効率よく売電量を確保することが肝心です。
また、高い売電効率を維持し、太陽光発電を長く安全に稼働させるためには、太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの設備を管理する必要があります。パネルの破損や汚れの清掃、設備の不具合の有無の確認など、目視による日常点検と専門家による定期点検が欠かせません。

太陽光発電設備が故障した場合、高額な修理費用がかかるため、メーカー保証がついているかも重要な評価基準となります。

また、私有地や営農型の太陽光発電事業を除き、20kW以上の発電設備にはフェンスの設置が義務付けられています。フェンスを設置していない場合は、原則売却できません。
さらに、監視カメラや雑草対策などがなされていれば、査定時にプラスに働くでしょう。

太陽光発電で人気のある立地に設置されている

太陽光発電は自然環境に大きく影響されます。発電実績が良い物件でも、立地条件や周辺環境が悪ければ、売却価格が低下する恐れがあります。

太陽光発電で人気の立地は、出力抑制が行われず、自然災害発生のリスクが低い地域です。
出力抑制とは、電力の需給バランスを保持するために、電力会社が電力の買取を停止することです。出力抑制が行われた場合、売電による収入の減少が予想されます。

出力抑制補償と呼ばれる保険もある一方、希望する通りの補償が受けられるかは分かりません。
2022年4月からは、東京電力・中部電力・関西電力の管轄地域における、出力容量50kW未満の太陽光発電も出力抑制の対象外となりました。

ただし、この3地域は電力供給が多く、出力抑制が行われる可能性が低いため、現在も選ばれやすいエリアです。

また、土壌が柔らかかったり雨水による侵食があったり、周囲に崖・山・斜面があったりと、自然災害による被害を受けやすい地域は、避けられる傾向があります。国土交通省のハザードマップや、地域住民による理解があるかどうかも、評価の基準となります。
★エネうるが選ばれる理由はこちら

太陽光発電所を高く売るコツ

少し工夫をすることで、太陽光発電所が高く売れる可能性が上がります。
ここでは、太陽光発電所を高く売るコツを見ていきましょう。

自然災害が起こる前に売却をする

過去に自然災害の被害を受けた太陽光発電所は、保険金額が上がり、将来的なリスクを抱える物件と判断されてしまいます。
自然災害の影響が考えられる場合は、できる限り早く売却準備を進めるのがおすすめです。

転売業者に売らない

転売業者は買い取った太陽光発電所を、さらに他の買い手に売り出します。
再販売時の利益を確保するために、適正価格よりも安い買取価格を提示する可能性が高いです。

太陽光発電所を少しでも高く売却するためには、転売業者には売らず、自社所有を考えている業者を探すのがおすすめです。

また、売却までに時間の余裕がある場合は、複数の買取業者に査定してもらうことで、条件の良い取引を見つけやすくなるでしょう。

太陽光発電設備を修繕し売却する

太陽光発電所を高く売るためには、設備や周辺環境がしっかり管理・整備されていることが重要です。また、中古物件であっても、長期的な投資が可能であることをアピールしなくてはなりません。

当然ながら、買い手は中古の太陽光発電所を購入した後、故障や不具合などのトラブルを避けたいものです。太陽光発電設備の状態に気になる点がある場合は、売却前に修繕するのがおすすめです。
以下のケースでは、修繕することで売却価格を上げられる可能性があります。

太陽光発電設備の故障が考えられる

太陽光パネルの破損やパワーコンディショナーの接続不良など、太陽光発電設備の故障は発電効率を下げてしまい、売却価格に大きく響きます。

日常のこまめな管理はもちろん、売却前の入念なチェックにより、故障や不具合を早期発見し修繕しましょう。

当初のシミュレーションより実績が大幅に低い

太陽光発電を導入する際には、あらかじめ発電量のシミュレーションを行います。
予想値と結果には多少のバラつきが生じるものの、実績が大幅に低い場合は、初期不良や設置工事のミスが考えられます。

発電効率を妨げる原因を明確にし、修繕しておくことで発電パフォーマンスが高まり、高い売却価格で売れる可能性が上がります。

メンテナンス不十分により売電実績が落ちた

太陽光パネルの発電効率を維持し、長く安全に使い続けるためには、こまめなメンテナンスが欠かせません。特に、太陽光パネルに付着する雨水や鳥のフンなどの汚れ、パネル付近の草木などは、太陽からの光エネルギーを遮断し、発電効率を下げてしまいます。

太陽光パネルの清掃や除草作業が不十分で、売電実績が落ちているケースもあります。
設備を修繕することで、本来の発電効率を取り戻せるかもしれません。

修繕なしで売却するならエネうる

エネうるとは、太陽光発電システムを高価買取・売却するサービスです。
太陽光発電や不動産仲介に関する知識と経験を蓄えたスタッフによる万全なサポート体制が整っているため、安心して取引できます。
査定から現金化までが、最短で1週間とスピーディーな点も特長の一つです。

買取エリアや出力容量などの条件がなく、傷や劣化がある太陽光パネルも買い取り対象であるため、売却前に修繕する必要がありません。

面倒な手続きなしで、太陽光発電システムを早く売って現金化したい方、売却前の設備の劣化や不具合が心配な方におすすめのサービスです。
★エネうるで売却をご検討の方はこちら

事前の準備とスピーディーな判断で、太陽光発電を上手に売却しましょう

いかがでしたでしょうか。

今回は太陽光発電を取り巻く状況を踏まえ、売却のメリットや方法・注意点などを解説しました。
発電実績をもち売電価格が高い太陽光発電は、セカンダリー市場でも安定した需要を誇ります。買い手の立場になり、適切な状態の物件を適正価格でタイミング良く売り出せば、高い売却益を得られるかもしれません。

無料相談も受け付けているので、詳しくはエネうる公式サイトを参照してください。

この記事を書いた人

エネうる 広報部

エネうるの広報担当です。太陽光発電所の基礎知識を更新していきます。これから太陽光発電所の購入や売却をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

まずはお問合せを!
完全無料
ご相談いたします